丹波篠山 小田垣商店の黒豆

丹波の黒さや(黒枝豆)について

丹波篠山産の丹波黒枝豆(丹波の黒さや)は一般の枝豆とは違いさやの色もごく黒く、さやに斑点があったり、外見は必ずしもよくありませんが、味はコクがあり、粒の大きさはもちろんのこと、甘みものった大変美味な丹波黒大豆の枝豆です。
昭和48年に当店が初めて世の中に送り出し、昭和59年に登録商標出願と通販を開始いたしました。
それ以降永年ご愛顧を頂いております。

毎年、10月10日ごろから収穫がはじまり、10月の20日過ぎまでのごく短い期間のみの季節限定商品です。
丹波黒大豆が完熟して黒豆になる以前に青い若いさやを枝豆として召し上がっていただく・・・。
この独特の風味、自然の甘みをご堪能下さい。

小田垣商店の枝豆収穫基準

当店は丹波黒大豆の老舗として良質の品をお客様にお届けできるよう枝豆の収穫時に基準を設けております。
また、出荷の前には篠山市内の各農家を集め、毎年枝豆の講習会を開いて基準を満たすように指導しております。
さらに、集まってきた枝豆をひと束ひと束、当店の職人が検品し、基準を満たした品のみお客様のお手元にお届けしております。

収穫時期ごとに異なる深い味わい。

10月10日頃(初期)

さやの色はまだ青く若く、みずみずしい味わいで、
黒さやの中では一番美しい色あいの時期です。
見栄えがよく、きれいな枝豆をお求めの方におすすめです。
やわらかなやさしい甘みをご賞味下さい。

10月半ば(中期)

10月も半ばになりますとさやに茶色い斑点が出てまいります。
子実はその分いっそう膨み、味は濃くなってまいります。
日がたつにつれ圃場でどんどん粒の肥大が進んでいきます。
見た目と旨みのバランスのとれた時期かと存じます。

10月20日前後(後期)

さやの色は黄色くなり子実も赤味が出て、見栄えは悪くなってまいります。段々と黒大豆に近くなってくるのです。
しかし、その分味の方は濃く深くなってまいります。黒さやは圃場で日が経つと実が黒くなって硬くなっていきます。そのためご賞味いただける適期がこのように大変短いのです。
黒さやとして味わっていただける最終の時期です。
黒大豆に最も近いもっちりとした食感はまた格別です。

黒豆について

ページトップ